ちいさな美術館、おおきな宇宙 - 北のアルプ美術館所蔵作品展 - 7/17(土)~8/22(日)

『アルプ』という雑誌を、知っていますか?
 この月刊誌は、哲学者であり著述家であり登山家でもあった串田(くしだ)孫ー(まごいち) (1912-2005)が中心となって1958年に創刊されました。A5判、70ページ足らずと小ぶりなサイズで、山岳がテーマであるにもかかわらず、登山技術を指南する記事はなく、登山用具の広告すら載っていないという、風変りな雑誌です。代わりに、詩人や作家など幅広い書き手による紀行文や随筆が掲載され、美麗な挿絵や版画が豊富に盛り込まれました。「アルプ」はそれまでにない洗練された「山の文芸誌」として、多くの読者や寄稿者に愛されます。しかし、創刊から四半世紀後の1983年、ちょうど300号で惜しまれながら終刊となりました。
 「アルプ」が遺したものを後世にも広く伝えようと同誌の熱烈なファンであった山崎猛氏によって1992年6月設立されたのが、斜里町にある「北のアルプ美術館」です。この小さいながらも濤洒な山小屋風の美術館には、全300号の「アルプ」はもとより、関係する串田孫ーの書斎が復元され、同誌に関わった著名な作家の原稿や原画が保存・公開されており、日本全国から来館者が訪れます。
 本展では、北のアルプ美術館が所蔵する「アルプ」の原画や原稿、山岳に関わる絵画作品など70点あまりを展示いたします。それらの作品を通して、山や自然との対話を試みた、雑誌「アルプ」と同館のあゆみを知っていただけると幸いです。
 斜里の“ちいさな美術館”に広がる、「アルプ」という”おおきな宇宙"を、北網圏北見文化センターでぜひ体感してください。

  • 観覧料
    • 一般 500円(450円)
    • 高校生・大学生 300円(250円)
    • 小・中学生及び義務教育学校生、70歳以上 100円(50円)

※ ( )内は10人以上の団体料金
※ 未就学児、障害者手帳等をお持ちの方(介助が必要な場合、介助者1名を含む)は無料
※ 小・中学校、高等学校及びそれに準ずる学校での教育活動(引率教員を含む)で利用する場合は無料(要事前申込)

お知らせ

■5月29日(土)~6月6日(日)に開催予定でした「グループ斜面展」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のための臨時休館により9月11日(土)~19日(日)に延期となりました。

2021年度 展示予定

■新型コロナウィルス感染拡大防止の為、急遽開催の延期や中止となる場合がございます。ご了承ください。

5/8(土) ~ 5/16(日)油絵講座作品展
6/24(木) ~ 7/4(日)宮竹眞澄・心のふる里人形展
6/29(火) ~ 7/4(日)北美展
7/17(土) ~ 8/22(日)ちいさな美術館、おおきな宇宙ー北のアルプ美術館所蔵作品展ー
8/31(火) ~ 9/5(日)第45回記念北海道七宝作家協会展 北見展
9/11(土) ~ 9/19(日)グループ斜面展
9/22(水) ~ 9/26(日)第68回写真道展北見移動展
10/1(金) ~ 10/7(木)第74回市民芸術祭 小中学生書道・美術展
10/10(日) ~ 10/16(土)第74回市民芸術祭 美術展
10/19(火) ~ 10/24(日)第74回市民芸術祭 書道・写真展
10/27(水) ~ 11/30(土)パッチワーク ぱふの仲間達
11/17(水) ~ 11/23(火)緑ヶ丘デイサービス合同作品展
12/4(土) ~ 12/5(日)北見高校生美術展
12/18(土) ~ 2/13(日)岸田劉生の軌跡展
3/20(日) ~ 3/27(日)美術館講座 合同作品展