ミニロビー展『デスモスチルス臼歯化石』11/5(土) ~ 3/31(金)

 今回展示するデスモスチルスの臼歯化石は令和 4 年 10 月 20 日(木)と 10 月 27 日(木)に相内橋下流の相内層(中期中新世前期(1,600 ~ 1,400 万年前))露頭にて調査中に発見したものです。付近では 1962 年にデスモスチルスの臼歯が出土しており相内層では今回の発見で3例目(北見市内では合計4例目)となります。
 化石は出土時点の状態では不明瞭であったため、足寄動物化石博物館の安藤達郎館長にデスモスチルス属の臼歯化石とご確認いただきました。
 見つかりたての貴重な化石をぜひごらんください。

展示期間 令和 4 年 11 月 5 日(土)~ 3 月 31 日(金)
展示資料 デスモスチルス臼歯化石 2点
展示場所 北網圏北見文化センター 1 階ロビー
観覧料金 無料

※感染症の状況などにより延期または中止になることがあります。あらかじめご
承知おきくださいますようお願い申し上げます。